Blog

カテゴリー別アーカイブ: 日記

【ランチェスター的特化事業のマーケティング戦略】

IMG_4891

【特化した個性で勝負する!ランチェスター的成功事例からみる特化事業のマーケティング戦略】

 

という内容で、本日はエルジムラウンジ会を開催しました✨

 

ラウンジ会は、普段健康習慣の見直しとして開催しているLife Design Gymに対して、

 

「ライフスタイル向上のための、より専門的な知識やデータの共有と研究」

 

のために開催されます。

 

 

エルジムナビゲーターの村上直子さんと共に、学長アビルよりテーマに即した専門知識やデータの共有を行っています。

 

今回はご参加の方が事業家の皆様という事で、自然と事業の舵取りや自社ブランディングについてのお話しに。

 

アビルの知る成功事例として、税理士業界で飲食店に特化したサービスで成功した事例のシェアや、

 

メンバーの(株)いろはクリエイティブデザインCEO 松井さまより、鍼灸院に特化したWEB制作会社の成功事例をシェアいただきながら、

 

成功した事業から見られる共通点や、ランチェスター的思考から見る戦略の大切について検討を行いました。

 

 

Evangelistaでは、確かな知識や経験をシェアする事で、参加者のお一人お一人のより良いライフスタイル作りをサポートさせていただきたいと思っています。

 

 

ご参加に興味のある方は、無料体験を実施しております。

 

 

コメント欄の公式LINEからお申し込みをどうぞ!

※ 「快適に生きたい社会人のための、自分の価値観がわかるノート」を無料で進呈中

LINE登録して「ノート」とコメント
⬇︎⬇︎⬇︎
Evangelista公式LINE

https://lin.ee/fyNyxTD

私が出会ったEvangelista③ 長崎県 A 様

苦しさを感じていた幼少期

 

私、今から44年前に長崎県諫早市で生まれました。

両親はどちらも熊本出身ですが、結婚を機に父親が転職をして諫早に引越しました。

 

幼少期は、読書とお絵かき、空想が大好きなメルヘンな子供でした。

 

私は、一人で家で遊ぶのが好きだったのですが、父親はそんな私を内向的過ぎるのではないかと心配しておりました。

 

その為、家で一人で遊んでいると、外で友達と遊ぶようにと、何度も家を追い出されました。

 

私は、運動音痴で、外での遊びのかけっこやソフトボールなど、何をやってもうまくいかず全く楽しくありませんでした。

 

なので、家を追い出されると、友達とは遊ばずに、一人で家の裏に隠れていました。

 

父親は、事ある度に、私の性質を生かさず、意見を聞く事もなく、自分の考え、思いを強要するようになりました。

 

母親は私の気持ちを分かってくれていましたが、父親に逆らう事は出来ませんでした。

 

父親は、私が父親の思い描く人物にならない為、言葉で言っても分からなければ、体で分からせようと暴力をふるうようになりました。

 

暴力は私だけではなく、母親と2つ下の弟にも及ぶようになりました。

 

私は元々、おとなしい子供でしたが、さらに心を閉ざし、内向的になっていきました。

その後、父親とは高校卒業するまでずっと、このような関係が続いていきました。

 

話す事もほぼなく、一緒の家にいて息を吸う事も苦痛でした。

 

 

こんな精神状況のため、学校でも発言が出来ず、友人も、ほとんどいませんでした。

小学校5.6年の時には、いじめに合いましたが、先生にも親にも言えず、ひたすら耐えました。

 

この頃、私の様子を見かねて、親戚の子供のいない家庭への養子になる話しが出ました。

 

しかし、親戚に対しても心を開く事が出来ず、この話はお流れになりました。

毎日、自殺を考えていましたが、死ぬ勇気もありませんでした。

 

 

中学に入ってからは、環境が変わり、いじめはなくなり、仲良い友達も数人出来ました。

 

家庭内では、あいかわらずの毎日でした。

 

勉強は、父親にスパルタで教わっていた為、成績は優秀でした。

 

高校は、地域で一番のところに入学出来るレベルでしたが、あえて離れた新設校に入学する事を選択しました。環境を変え、自分を変えたかったのです。

 

しかしながら思惑は外れ、田舎の堅苦しく真面目な校風に馴染めず、もんもんとした学校生活をすごしました。英語が好きだった為、大学の英語科への進学を予定しておりましたが、精神的に不安定な為、受験間際に問題を起こし、受験は全て失敗致しました。

 

 

親は、実家から通いの就職を望みましたが、何が何でも家を出たかった為、父親に頭を下げて、福岡の英語の専門学校に入学しました。

 

 

それからは、今までの実家での抑圧からようやく開放され、弾けました。

 

毎晩のように遅くまで遊び、服装も派手になりました。

 

友達もたくさん出来て、楽しい毎日でした。就職してからも頻繁に飲みに行き、給料は、飲み代と洋服や化粧品代に使い果たしていました。

 

 

将来の事は何も考えず、今が楽しければいいという気持ちでした。

 

 

恋愛面では、20代後半の頃に5年付き合った彼と、婚約、同棲をしました。

 

人生の中で一番深いお付き合いの方でした。ですが、結婚間際に私の気持ちが冷めてしまい、一方的に家を出てしまいました。それから数年、相手はずっと待っていてくれましたが、私の気持ちは戻りませんでした。

 

 

その後、30代半ばで付き合った方とも結婚を意識しての付き合いでしたが、またしても自分と相手の気持ちを信じられず、別れてしまいました。

 

 

その後は、母親の薦めで、結婚相談所や婚活パーティーに通い、たくさんの出会いがありましたが、どれも長続きはしませんでした。

 

 

相変わらず自分に自信が無く、自分を好きでは無いのですから、恋愛がうまくいくはずもないですね。

 

 

仕事は、学校で学んだ英語は生かせず、別の仕事につき、何回か転職しました。

 

 

性格上、日本語でも発言する事がままならないので、英会話はさらにハードルが高いものでした。

 

 

受付→マッサージ、エステ→現在の営業事務

 

 

マッサージやエステの人を癒す仕事がやりがいがあり好きですが、自分の体調を損ねてしまい、辞めました。

 

 

自分が一線に出て行くタイプではないので、人のサポートをする仕事が向いていると思います。

 

 

現在の心境としては、若い頃からの将来設計が甘く、今、この歳になり、不安におののいています。

 

 

実家を出た開放感で、楽しく遊ぶ事しか考えておらず、気づけば、この歳になっていました。

 

 

Evangelistaとの出会い

 

短いサイクルでの恋愛の繰り返しは、自分の自信の無さだと思います。

 

 

自信の無さは、子供の頃のトラウマが関係しているという思いがずっとあり、本などを読んで自分なりにずっと考えて来ましたが、自分一人では解決出来ず、あきらめていました。

元々、人の話を聞いたり、知らない事を知ることが好きで、福岡にあるテンジン大学に通うようになり、恋愛のセミナーで、講師として来られていた、健さんと出会いました。

 

 

マンツーマンで悩みに向き合ってくれ、長年の悩みを払拭するチャンスに、今度こそ変わりたいという思いでいっぱいになりました。

通うと決めるも、またしても後ろ向きな気持ちのくせが出てしまい、通うことを躊躇する場面がありました。

 

 

漠然とした不安を一つ一つ、丁寧にほぐすように会話をする事で安心感を得ました。

 

 

また、これまで自分の気持ちを無視して、なんとなく生きてきた事が明るみに出ました。

 

 

現実を受け止める事は辛かったですが、もうやるしかないと腹をくくる事が出来ました。

恋愛のセミナーだったので、その頃に付き合っていた彼のことを相談すると、彼は自分勝手な人で、すぐに別れるべき人だと理解出来ました。

 

 

今は恋愛よりも、まずは自分を変えて、自分を大事にして、自信を持つ事を目標にしています。長年のくせは、なかなか抜けず、あせる気持ちはありますが、一度に大きく変わる事よりも、まずは自分をしっかりと見つめなおそうと思います。

 

 

 更なる転機

彼と別れるべきと理解は出来たものの、今までの癖が抜けず、ずるずるとグレーな関係を続けていきたいという気持ちが生まれ、別れるのには思い切りが必要でした。

 

 

別れた後は、健さんと一緒に自分の気持ちに向き合う練習をしました。

 

 

一人だと出来なかった事が、一緒に考えて応援してくれる人がいるという心強さで、頑張ろうという勇気が出ました。

 

今まで自分の気持ちを封印して生きて来たので、自分がどんなに我慢して、辛い思いをしているのかも、分かっていませんでした。

 

少しずつ感情がほぐれ、言葉にならない様々な感情が押し寄せ、ただただ涙が溢れました。

 

自分の感情が芽生えた事で、父親に対する憤りが再燃し、次に会った時は、絶対に今までの恨みつらみをぶつけてやろうと決意しました。

 

お盆に会った際、父親の顔を見ると、意を反して、怒りの感情がすっと抜けていきました。

幼少期からの何十年にも及ぶ、怒り、その他、もろもろの感情があっけないくらい簡単に無くなったのです。

父親の事を大嫌いと思っていましたが、本当は好きなので認めてもらいたいのに、叱られてばかりで寂しくて辛かったんだなぁと今では思えるようになりました。

 

自分でも信じられませんが、これは健さんのサポートが無ければ、起こりえなかった事です。

 

健さんに、幼少期からの私に対する父親の行動を話した際に、父親は私をとても愛しているというのです。

私はずっと嫌われていると思っていたので、180度違う考えに目からウロコが落ちました。父親の厳しさは、愛情表現だったのです。

 

 

それに伴い、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

この事を聞いた後に父親に会う事で、愛情を実感出来たのだと思います。

 

今までフォーカスしていた父親への感情がフラットになると、次は母親への思いに気持ちが移行しました。

 

父親に比べると、優しく私に理解があると感じていましたが、客観視すると、父親のように暴力をふるわないだけで、私を自分の思い通りにコントロールしている所があると感じました。

 

これも健さんに話して分かった事ですが、母親とのこの関係性は私のコミュニケーション不足から来ていました。

 

父母の言うことは絶対で、この歳になっても、ずっと全てイエスマンで来ました。

 

自分の思いを伝えようとしていないので、私の気持ちが分かるはずもないですね。

 

母親の意見も聞きつつ、自分の意思を伝えるように試みました。

 

結果、すんなりと私の気持ちを尊重してくれるようになりました。

 

今までの独りよがりの頑なな思い込みは、何だったのでしょう。

 

文章に書くと、簡単な事のようですが、コミュニケーションの取り方を練習して来なかったので、やり方も分からず、自分の殻に閉じこもり、ずっと孤独でした。

 

 

少しずつ、自分の気持ちを相手に伝える事が出来始め、今は人とコミュニケーションを取る事が楽しいです。

 

 

また、今まで私の事を分かろうとして下さった方々に、寂しく悲しい思いをさせてしまったなぁと申し訳なく思います。

 

過去は変えられないですが、考え方次第で過去の感情は変えられるし、今まで出来なかった分、これから周りの人たちに愛を伝えていきたいと思います。

 

 

今後は、人間関係の他に、お金や仕事等、今まで放置していた分野がたくさんあり、まだまだ勉強する事が山積みです。

 

 

これから、もっともっと成長していく私が楽しみです。

 

 

乞うご期待!

 

長崎県 A 様

私が出会ったEvangelista② 鹿児島県 M 様

エヴァンジェリスタと出会ったきっかけ

 

私がEvangelistaと出会ったのは2014年10月。

 

社会人3年目、仕事にも慣れ、任せてもらえる仕事も増えてきました。その頃の私の大きな悩みは二つ。

 

一つは職場の人間関係。上司、後輩と上手く関係が作れず毎朝職場に向かうのが憂鬱な日々が続いていました。

 

二つ目は今後の進路。

 

大学から福岡で暮らし始めて7年、自分はこのまま家族と離れて福岡で暮らしていくのか、転職し地元に戻って家族の側で暮らしていくのか。

 

すごくすごく悩んでいました。

 

私は三人兄妹の2番目で女の子は私だけ。両親の老後を考えると娘の私が近くにいた方が助けになれるんじゃないか。いずれ戻るなら今のうちに地元に戻り、転職した方がいいんじゃないか。何も資格をもっていない私が転職し安定した職につくには公務員しかない。年齢制限があるから早く帰って勉強しないと。

 

また、私には小さい頃から近くで過ごし、とても可愛がってくれた祖母がいてその祖母が病気がちになり、毎年帰省するたび痩せ細っていくことがとても気がかりでした。

 

祖母はもうあまり長くないかもしれない。 このまま福岡で暮らしていたら何も恩返しすることができずにお別れしてしまうかもしれない。

 

でも福岡は都会で暮らしやすいし 、友達もたくさんいる。

 

この暮らしを手放して私は後悔しないのか、だけど家族が、、でも、、とずっとぐるぐる考えるばかりで全く答えが出ませんでした。これからどうやって生きていくのか、どういう人生を送りたいのか、自分の人生なのに”軸”が全くなかったのです。

 

そんなモヤモヤした気持ちを仲の良いお姉さんに相談しました。するとお姉さんが会ってほしい人がいる、きっとあなたの力になってくれるはずと紹介してくれた方がEvangelistaの阿比留健さんでした。

 

健さんと出会って

 

健さんと会い、仕事と今後について悩んでいる、もうどうしたらいいのか分からないと相談しました。すると私のぐだぐだな悩みを聞いて健さんは

 

健さん「今家族のために地元に帰ったとしてそれでご家族は嬉しいの?自分だったらどう?自分のこども、孫がただ老後が心配だから自分の人生を犠牲にして特にやりたいこともないけど、とりあえず地元に帰ってきたよ。それって嬉しいこと?」

 

私「…嬉しくないです」

 

健さん「だよね。もちろん本当に家族の力になりたくて帰るんだったらいいと思うよ。決めるのはあなただ。でも今のあなたの話を聞くととりあえず帰っておかないと…って帰る理由があやふやだよね 。その気持ちで帰るといずれうまくいかなくなった時にこんなはずじゃなかった、と家族のせいにしてしまうことはないかな?それなら今は帰らないほうがいいかもしれないね?」

 

と、ものの数分で私が何ヶ月も悩んできた悩みを解決してくれたのです。

 

これは私にとってすごく衝撃でした。こんなにも的確に私が欲しかった答えを引き出してくれたのは初めての体験でした。

 

そのあとEvangelistaについて説明を聞き、この人から学べば私は変われるかもしれない、今やらないと絶対後悔する!とその場で契約、Evangelistaに通う事を即決しました。

 

Evangelistaに通い始めて

 

もともと私は優柔不断で自分の意見をはっきり言える方でもなく、人の意見にそれもいいね、こっちもいいよね、と誰にでもいい顔をしてしまう八方美人な性格でした。

 

”自分”というものがなく、そんな自分が嫌いで、でもどうやったら変われるのかも分かりませんでした。こんな自分を変えられるかもと思ったのもEvangelistaに通う決め手でした。

 

Evangelistaに通い始め、ライフデザインを一から考えていきました。自分の人生の最後をどうやって迎えたいか、最後にそばにいる人は?右手には何を握っていたい?5年後はどんな生活を送ってる?性格は?服装は?仕事は?年収は?結婚は?こどもは?

 

こんなに自分の人生について考えたことはなくて驚きました。

 

でもこうやってなりたい未来の自分を作っていくことで今の行動が変わってくる。毎回のレクチャーで学ぶことは新鮮で、確実に私の人生にプラスになることばかりでした。

 

そして少しずつですが自分が変わっていっていることを実感してきました。

 

変化

 

Evangelistaに出会って 約2年半、私は今転職し、地元で暮らしています。

 

2年前悩んでいたことをまた一から考え直し、やっぱり家族と”今”暮らすために帰ることを決断しました。祖母の具合がいよいよ悪くなり、母が一生懸命お世話をしている姿を見て、今力になりたいと素直に思えました。

 

以前の漠然とした思いではなく、帰る理由を自分で明確に決めることができました。小さなことかもしれませんがこれは私にとってとても大きなことでした。自分ではっきりと決断できたことだから日々うまくいかないこと、嫌なことがあっても家族のせいにすることはありません。

 

 祖母は私が地元に帰ってから3ヶ月ほどで亡くなりました。何か祖母のために出来たかというと何もできなかったかもしれません。

 

でも離れて暮らしていた頃より頻繁に会うことが出来たし、最後の瞬間までそばにいて、今までの感謝も伝えることができました。福岡で暮らしていたら絶対に最後には間に合いませんでした。

 

 多分、2年前あのまま帰っていたら「福岡の生活が良かった…」「こんなことをやりたかったわけじゃないのに…」と不満タラタラで毎日暮らしていただろうことが目に浮かび、ぞっとします。自分で選んだ道だから、と毎日楽しく暮らすことができています 。

 

そしてこんな感情も芽生えました。

 

自分がEvangelistaと出会って、変われたことが嬉しくて、悩んでいる友達にも伝えたい、もっといい人生を送ってほしいと思うようになりました。

 

最初はエヴァジェリで学んだことを悩んでいる子に伝えて助けになれたら、と思っていたのですが私は自分の気持ちを伝えることが苦手で、なかなか上手く伝わりません。

 

スクールに通うこともそれとなく進めてみるけど「変な勧誘だと思われたらどうしよう、、」などとどうでもいい自分の保身に走って中々伝えることができませんでした。

 

そうやって悩んでいる時に「上手く話そうとしなくていいから、もう一歩勇気を出して踏み込んでみたら?」と健さんに背中を押してもらい、ただただ友達に今悩んでいることを解消してほしい、もっと力になりたいという気持ちでEvangelistaの話をしました。

すると健さんと会ってみたいと言ってくれて、今その友達はEvangelistaに通ってくれています。

通い始めて、「仕事での人間関係がだいぶ楽になった」「自分と向き合える時間が増えた」「イライラしなくなった」などとても良い方向に向かっていると教えてくれました。

これは私にとって本当に涙が出るほど嬉しいことでした。大好きな友達の人生が良い方向に向かうことがこんなにも嬉しい事なんだとはじめて知りました。そして勇気を出して一歩踏み出して良かったと自分の自信にもつながりました。

 

これから

通い始めて2年半が経ち、少しずつですが考え方や行動が変わってきました。でもまだまだ知識が足りないし、経験不足です。

これからも 私の人生のテーマである「喜びを与えて人々を幸せにする」ことができるような人になれるよう、日々学んでいきたいと思います。

 

 

 ※ 2022年現在、M様は地元でご結婚され、幸せな家庭を築いていると連絡をいただきました。

 

 

鹿児島県 M 様

私が出会ったEvangelista① 東京都 Y 様

健さんに出会って

 

私が健さんに出会ったのは2013年くらいだったかと思います。

10月だったと思う。健さんのライブに知り合いに誘われて行きました。
最初、音楽にも興味ないし、知らない人の中行きたくないなどとぶつぶつ思いながら行きました笑

 

ライブの受付をスタッフの方がしていて名刺交換させていただきました。

スタッフの方と仲良くなり、何度かお会いして一緒にお話いている際に、今の悩みのようなことを話したところ健さんの存在を知りました。

 

健さんとは会ったことありますが、お仕事はよくわからず、その方が一度会ってみなよと言っていたので「まぁいっか」と思ってお会いしたことがきっかけです。

 

当時の私の現状は、社会人6年目。

大学は理工学部で高分子の勉強していました。

 

高校時代医者になりたいと思うきっかけがあり、医学部目指すも断念。

薬学部の難しく、ようやく受かった理工学部。やりたいことがあった訳じゃなく、大学時代も生活費を稼ぐためバイト三昧。

就職の際には医療関係の営業を受け、とある製薬会社の営業として採用いただきました。

ずっと医療に携わりたかった私はすごく嬉しく、全力で5年仕事をしてきました。

プライベートでは大学からつきあった彼が関西人で、私は福岡から出たことがなかったのですが、この際出ようと思い全国転勤のある大手製薬会社に行きました。

 

関西に先に配属されたのですが、当の彼は全く別会社で福島配属になり遠距離。そして5年つきあい別れを告げられました。

 

私はなぜ自分が関西にいるのかわからなくなっていました。別れた理由はいくつかありますが、ずっと向こうが思っていたことは『あなたの両親の近くには住んであげれない』とずっと悩んでいたようです。

 

なぜこんな話が出たかと言いますと、私の生まれ育った環境のお話になります。

私の実家は田舎の旧家の本家と言いますか、そんなイメージのお家。正月やお盆は親戚が20〜30人集まっておせちやその季節の料理が並び、そのため私たち本家の人間はお客のため、前日から用意に明け暮れます。

 

私が知りうる限り曾祖母の時代からずっとやっております。そんなお家で私は長女として育てていただきました。1つ下に妹がいますが、小さい頃から誰に言われた訳でもなく、婿養子は嫌だと思っていました。

理由は曾祖母も祖母も理由あって婿養子。お父さんは好きな仕事で転勤といわれ曾祖母に転職を進められ今は別の仕事。誰もそのことを恨んでいないし、今を今として行きているため、私達姉妹に誰も婿養子とは言いませんでした。ありがたいことです。

 

ただ、責任感が強い私は、自然とつきあった彼にも気を使わせていたのでしょう。

別れ際に言われた言葉はすごく私に突き刺さり、もしかしたらずっと引きずっていたのでしょう。仕事で関西にいる理由がわからず、価値を見いだせず、別れた2年後、仕事を辞めて福岡に帰ってきました。

 

私は仕事を辞めて実家に戻り、誘われた保険会社の営業員として働き、手に職つけたいがためにエステティシャンの資格を取得していました。理由は女一人で地元でも生きて行けるように。と。今後のビジョンはエステティシャンとして生計たてること。

 

今思えば、焦っていたんだと思います。製薬会社を辞めて実家に帰って方が親孝行だ。きっと何か変わる。そう信じていました。でも、変わらない。そして、足掻いている自分。それが何か?わかりませんでした。

 

健さんに会った日、健さんは優しく笑いかけてくださり、話を聞いてくださりました。

 

私は、泣きながら話していました。仕事辞めて帰ってきたこと、彼氏のこと、実家の事情。

 

今にして思うと、全部人のせいにしていました。私が不幸なのは全部人のせいだと。私の人生なのに私は他人が主語でした。私は、変わりたかった。

 

悲劇のヒロインのような被害妄想するより、試練を乗り越えかっこ良く生きる女性になりたかった。私がEvangelistaスクールに通うきっかけです。

 

はじめに課題を整理して行くところから始まりました。引きずっている彼氏のこと、実家の事情、そして自分の未来について。

健さんにいっぱいわがまま言ったと思います。きっと一番問題児ではないか?と自信もって言えるくらい、健さんの時間を使っていただいたと。ただ、今言えるのは一番成長して世に出ていると感じております。

 

Evangelistaに出会い、カウンセリングを受け、心の整理をたくさんしました。

 

心にはたくさんの引き出しがあります。その引き出しには自分が気付いていない思い出がぐちゃぐちゃに入っている場所があります。

 

自分で気付けず、それを他人のせいにしたり、不幸のせいにしてしまう原因が入ってます。その原因を健さんのカウンセリングで整理し、きれいに収納できました。私の思い出は今は古き良き思い出です。過去の出来事は帰れないですが、未来に行って人生を振り返って見たときに笑って良かったと思える感謝できる思い出にできます。

 

私は現在東京の製薬会社で働いております。配属で東京になりましたが、製薬会社の営業は天職と感じており、本当に大好きな仕事です。福岡の会社にも受かっておりましたが、自分の心を整理した結果、何が大事かわかりました。

私が変わったら、母が変わりました。東京勤務が決まったことを母に伝えた時、母には泣きながら「どうして、そこまで仕事をするの?こっちではできないの?近くにいてほしい。」と言われました。

 

初めて母の意にそぐわない意思を初めて伝えたました。東京から心のケアを時間をかけてやりました。結果、今ではポジティブ発言が増え。私から母への発信も増え、心の距離がぐっと近くなっています。

 

私が変わったら、元彼さんから連絡がきました。

 

仕事の相談の内容でしたが、弱みを他人に見せない彼が6年ぶりに連絡してきたことは私の中で大きな転機でした。私がその人の身になって返信しましたところ、元気になられて未来に向かってがんばるそうです。私が今までで一番彼を人として応援できた時かもしれません。今はすごく穏やかな気持ちになっております。

私が変わったら、お仕事でいい出会いが増え、そして今天職につけています。

 

製薬会社の営業はMRと呼ばれます。この仕事を辞めてから2年。友人たちから戻ってこいといわれ、転職のチャンスを頂き、他の会社を冷静に見ることができ、今の会社に所蔵しています。

 

この会社は女性支援を応援しており、女性管理職、そして海外80カ国に展開していますので海外進出の可能です。今まで自分を自分で縛ってきた私の視野が広がり未来を明るいものに変えてくれる可能性を日々感じております。

 

2022年現在、なんと私は素敵な彼と運命的に出会い、結婚して一児の母になりました。

この話も劇的な変化なので、ぜひまたの機会にお話しさせてください。

 

私が変わったら世界が変わりました。

 

他人と過去の出来事は変えられないけれど未来と自分は変えられる。人生80年、いや100年!たった数年全力で自分を変えてみませんか?

Evangelistaでは可能です。私が実証済みです。私はこれからも変わり続ける。人生きっと面白くなりそう。そう思っております。

 

東京都女性 Y 様

Evangelista 体験談②Evangelista講師育成コース カウンセラー業 39歳男性

①コースを受講して良かったところ

・人生を好転させようとする際に向き合わなければいけない心理構造や意識の構造は、複雑だったり、抽象的だったりして、自分一人では言葉に落とし込めないものだと感じています。

でも、Evangelistaはその領域を誰にでも分かりやすい言葉を使って、体系立てて学ぶことが出来る。

・どこか一つの人生の領域に特化すること無く、バランスよく自分の人生を向上させるプログラムになっている。

・スピリチュアルのようにふわふわした概念や言葉で語らず、地に足をつけて、未来を良くする手段や知恵を学べる感覚がある。

・基礎的な講義を動画でいつでも学べて復習できる

・人生を快適に生きるための全体像をマクロ的に提示して頂いた上で、現在地を知って、目の前のことにミクロ的に落とし込んで取り組んでいけるので、迷子になりづらい。

・これまで選んでこなかった人生の選択肢を選ぶことが人格形成には必要だが、そのメリットとデメリット、リスクなども含めて、どのように進めばよいかを講師が勧めてくれるので、現状の枠を超えることに挑戦しやすい。

・講師の的確なフィードバックがあることで、今向き合うべき課題や、取り組むべき順番にフォーカスしやすく、一人だと、どこから手を付けていいか分からずお手上げになってしまう的な概念も、現実に落とし込める部分が大きい。

・講師自身が実践してきた経験から語られることがほとんどなので、エネルギーの乗った言葉で伝わってくるものが多く、心に刺さり、印象に残るし、実践に向けて感情が動きやすい。

・ただ一方的に学びや教えを請うわけではなく、講師が二人三脚で歩んでくれることで、これまでのパターンやルール設定を外れて、成長に向かわせてくれるので、安心して自分の課題に取り組めている。

(世の中の成功法則や起業塾、自己啓発系の塾は、「一見遠回りに思える作業」「無駄に感じる作業」を許容しなかったり、一人でそれをやらなければいけない。なので、結局不安や焦りから、いつも通りの「結果を出すために頑張る」習慣や、教科書通りの「効率的に人生を良くする方法」に走ってしまいがちで、いつも苦しんできた。)

・人生の躓きは両親や環境からの影響を受けていることがほとんどだが、その影響から生まれた課題をクリアしながら、人生のやり直しとリハビリが出来る場だと感じる

・仲間とじっくり本質的な部分をディスカッションする時間があることで、自分の意見を言う練習が出来る

② Evangelistaが無いと困るところ

・自分が悩んでいることをぼんやりと抽象的にしか捉えられず、具体的に課題として落とし込めず、思考のループ、負の感情のループに襲われる。

・実践的に習慣を実践するにあたり、迷いが出た時に聞ける場所がなく、実践が頓挫しそう。

・定期的に報告の場が無いことで、自分の課題を置き去りにしてしまう

・他者の課題を通して自分を知る場所が無いことで、主観的に生きてしまい、人生が好転しづらい

③ もしもEvangelistaに出会ってなかったら

・いつも通りストレスから仕事をして、本音を言えないまま我慢して家族と関わり、どこかで抑圧している自分を感じながらも、自分を騙しながら人生を送っていたと思う。

・自己矛盾を抱えたまま生きていたと思う。

・どこかでストレスから大きな病を抱えていたり、自分の課題を周囲に投影して迷惑をかけていたと思う。

・対人支援業をしているが、セッション中に体型だてて理解できていない部分を明確に伝えられず、セッションの質が向上出来なかった

④ コースを受けてみての変化

・自分も対人支援業をしているので、セッションにすぐ取り入れられる知識が多く、応用することでセッションの質と顧客満足度が向上した。

・対人支援の中で感覚で理解していることを、Evangelistaで体系立てて理解したことで、より自分の腑に落ちて使えるようになった。

・自分で気付いていない思考の癖や食事習慣の癖などを改めるきっかけをいくつももらえて、実践することで、人生を改善させていけている実感がある。

・面談が開始して半年で、家族との関わり方や仲間との接し方、自分の時間の使い方に変化が現れた。

・自分が「ただ楽しむ」「ただ休む」「ただ自分の感じるままに自分を表現する」という原初的な感覚を思い出せた。逆に、「悲しい」「悔しい」をすごく抑え込んできたことにも気づけた。今後のビジネスの実践に繋がる感覚がある。

茨城県 カウンセラー業 39歳男性

Evangelista 体験談① ライフデザインコース 看護師 32歳女性

① 受講して良かったこと

ライフデザインコースの最終段階にいるのですが、このコースを受講してみて、いろんな学びを凝縮して得られたなあと感じております。

 

自分に関するさまざまな側面(仕事、プライベートな活動、人間関係、習慣などなど)において、なぜ私はこうなのだろう??を深く振り返っていくことを意図的にしたからなのかなと思います!

 

また、自分を深く理解することは、他人を深く理解できるようになることにも繋がるという体感があり、

 

人間関係も自然と悩みが減っていく感じがして、自分のことしてるのに一石二鳥だなあ!と感じてます。

 

あとは、面談時間以外でも必要に応じてフォローしてくださるので、手厚いなあと感じます。

 

② Evangelistaが無いと困るところ

自分の深掘りは、できてるできてないが自分で判断できないと思うので、なくなるのは困ります。笑

 

あとは、成長したい友達をお繋ぎしていきたいので、これまたないと困ります。笑

 

③ もしもEvangelistaと出会ってなかったら?

そう思うと恐ろしいですね。。。

 

あらゆる物事の客観視ができずに大人になってて、こじれなくて良いものもこじらせていってただろうと思います。

 

ここには書ききれないです。笑

 

看護師 32歳 女性

Life Design Gym 体験談③ (株)いろはクリエイティブデザイン CEO 松井美樹 様

私はEvangelista本講座のパーソナルブランディングコースを卒業した後にエルジムに参加させていただきました。

 

コース在籍時から、毎回気軽に参加できて「自分が良い状態を習慣化」させるためのコミュニティ(会)がほしいなと想い、

学長のケンさんに要望させてもらってました。

 

自分が好きな時に参加することができますし、参加することで自分の状態をアウトプットすることで毎回スッキリしてますので、楽しく主体的に参加させてもらってます。

「みんな頑張っているな〜」と感じることも多く私自身も励まされることが多いので、とても良い時間だなと感じます♪

 

(株)いろはクリエイティブデザイン CEO 松井美樹 様

 

14907662_1043666855730982_5085381077109754817_n

Life Design Gym 体験談② 福岡県 会社員女性 松本様

仕事やプライベートで頑張ってもうまくいかなくて、

 

自分のことを好きになれず、このままの生き方でいいのかなとひとり悩んでいた時にエルジムに出会いました。

 

最初は意識高い系なのかな、ついていけるかな、と不安でしたが、

 

同じような悩みを持っている方や優しく共感してくださる方もいて、とても話しやすい雰囲気でした。

 

 

その中で少しずつ自分のことを見つめ、ありのままを受け止めることが出来ました。

 

 

色んな視点からアドバイスをもらえて、なりたい自分に向けて頑張ることを応援してくれる仲間がいることは私にとって心地よく、

 

日々の中でもひとりではない嬉しさを感じることができています。

 

 

福岡県 会社員女性 松本様

Life Design Gym 体験談① 福岡県 浦野様

最初は友人のオススメだったのと、ノートの内容をみて面白そう!!と思って好奇心で無料の体験をさせてもらいました。

 

参加してみて良かったのは、

自分のこと定期的に振り返りアウトプットすることってあんまりないと思うのですが、エルジムが定期的に開催されることで確実にできるというところです。

なおかつ、通常では言ってもらえない客観的意見や、それに関する皆さんの知識がもらえるので、とても自分を整理できる時間になってます。

 

今日から何に取り組んだらいいのか、何を継続していくのか?

人生の方向性の確認がこまめにできるので、気になる方は絶対参加した方が良いと思います!

 

会社員 浦野愛莉 様 スクリーンショット 2022-08-12 15.28.27

八月は恋愛講座キャンペーン by 学長

【婚活成功率80%オーバーのスクール講師が、恋愛・婚活講座を担当します】

元記事

⬇︎⬇︎⬇︎

 https://www.abiru-ken.com/live

 

夏は恋の季節…!

 

でも、婚活前提の恋愛ですと、なかなか勢いだけでは恋愛はできませんよね。

 

こちらテンジン大学さんでとても好評だった恋愛講座で、

 

・自分の恋愛体質を分析

・自分の恋愛傾向と課題を把握

・結婚や家庭はそもそも「わたしに」必要なの?という前提からしっかりイメージ

 

といった、恋愛や婚活を根本的に変革できる口座になってます^ ^

 

タイトルにある通り、当スクールの婚活女性陣、成功率が80%を超えています。

 

これは婚活を頑張ったというだけではなく、

 

・自然体で人を愛し、愛される人間性

・ライフバランスを整える事で、生活から美しく整える

・自分なりの生き方や考え方を、さまざまな知識や角度で高めていく、人間総合力のアップ

 

に取り組んだ「結果」でしかないんです。

 

なので、僕自身は一切婚活指導はした事が無く、実際には、

 

「人にも自分にも誠実で美しい生き方」

 

を共に考え、共に実践しただけ。

 

ぜひご興味のある方はご参加ください✨

 

学長 阿比留